チャットレディに人気のウェブカメラ(ライブチャット)



⇒ (YouTube)C920 C615 C525 C270 Webcam logicool 比較
(全画面表示で画質720pがおすすめ)


いくら照明や化粧等にこだわっても、それなりに性能の良いウェブカメラを使用しなければ、綺麗に映らないどころか逆に本来の自分より汚く映ってしまいます。
ですので、ウェブカメラ選びはとても重要です。

ウェブカメラのメーカーは、ロジクール、バッファロー、マイクロソフト、エレコムなどがありますが、ライブチャットでチャットレディに人気があるメーカーは「ロジクール」です
理由は色々あるのですが、特に画質が良い事と、映像の調整がし易いところが人気です。

ライブチャットだけではなく、スカイプ(skype)やLINE、ニコ生、ツイキャス、ふわっち等にもおすすめ出来ます。

ロジクールからは多数のウェブカメラが発売されていますが、まずは、チャットレディ(ライブチャット)に特に人気の2つを比較します。



C920


⇒ C920n(amazon)

⇒ C920(楽天)

アダルトのライブチャット(チャットレディ)の事務所や、ノンアダルトの在宅チャットレディ達に一番使われている断トツで一番人気のウェブカメラです。(当サイトとしても一番おすすめです)
人妻・マダム・熟女系のチャットレディ達にも人気ですが、下記のC270と人気は二分しています。(詳しくは次のC270の説明にて)

値段は多少高めですが、ライブチャットをしていく上で映像の綺麗さは本当に重要ですので、間違い無くおすすめできるウェブカメラです。

C920シリーズは、上記にてご紹介している「C920n」以外に、「C920s」と、既に生産が終了している「C920」「C920t」「C920r」の計5つがあります。

この5つの違いについては、「C920s」のみ「レンズカバー(プライバシーシャッター)」が付いていますが、それ以外は「発売時期」と「ウェブカメラの表面のプリント」が違うだけで、中身(性能)は全く一緒ですので、購入の際は、この5つを比較した上で一番安いのを選ばれると良いでしょう
一応補足をしておくと、過去には、C920とC920tのみカールツァイス社の高級レンズが使われていたのですが、現在はC920n等にも同様のレンズが使用されているとの事なので全く問題はありません。

ちなみに、似た機種で「C930e」がありますが、こちらは業務用(画角が90°と広いので会議用?)なので、C920で問題ありません。



C270


⇒ C270n(amazon)

⇒ C270(楽天)

値段の割に高画質な事から、多くのライブチャットサイトが推奨している人気ウェブカメラです。
C920は値段が高すぎるという方には、こちらがおすすめです

人妻(マダム・熟女)系のチャットレディで、C920よりも「シミ」や「シワ」を誤魔化す事が出来るという理由でC270を使われている方も多い一方で、C920の方が化粧や照明・ウェブカメラの調整次第でC270よりも良いという意見も多く、意見が二分しています。

C270の難点としては、C920と比較して画角(映像の広さ)が狭い事から、特に体全体を見せる機会が多いアダルトのチャットレディにとっては使い難いと思います。
⇒ 各ウェブカメラの画角

C270シリーズは「C270n」以外に「C270m」と、生産が終了している「C270」の計3つがあります。
C270m」のみヘッドセットが付いていますが、あまり使い勝手が良くないので、チャットレディ達には人気がありません。
ウェブカメラ自体の性能はC920の場合と同様に3つとも全く一緒ですので、3つの値段を比較された上で一番安いのを選ばれる事をおすすめします。

あと、似た値段でバッファローから発売されている「BSWHD06MBK」も、C270と同様の理由で人妻(マダム・熟女)系のチャットレディに人気があります。






上記2つのどちらかで問題ありませんが、一応、過去に人気のあった物や、
amazonのランキングで上位にある物の一部を紹介します。



C922


⇒ C922n(amazon)

⇒ C922(楽天)


⇒ (YouTube)ロジクールのC922とC920を比較
(全画面表示で画質720pがおすすめ)


C920から数年後に発売された、同じランクの高性能ウェブカメラです。
画質は、上記動画の通りで両方とも綺麗ですので、どちらが良いかは好みの問題になってくると思います。

値段に関して、2019年12月の時点ではC920の方が安い場合が殆どです。
ですが、たまにC922の方が安い時もありますので、気になる方は定期的に比較される事をおすすめします。

ただし難点が一つあり、チャットレディに人気のあるウェブカメラの映像調整ソフトであるlws(Logicool Webcam Software)が使えません。
代わりに別の調整ソフトが使えるのですが、私個人的にもlwsの方が使いやすいと思うので、ライブチャットに関わる方であればC920の方をおすすめします。

あと、ライブチャット以外で使用する予定の無い方には関係の無い話になりますが、YouTube用等で720pの動画を作成される際、C920の秒間フレームレートは30fpsですが、C922は60fpsですので、そこに拘りのある方にはC922がおすすめです。

C922シリーズは「C922n」以外に生産が終了している「C922」の計2つがあります。
ウェブカメラの性能は、他のウェブカメラ同様に全く同じですので、2つの値段を比較して安い方を買われることをおすすめします。


Pro9000


⇒ Pro9000(amazon)

⇒ Pro9000(楽天)

C920が発売されるまでは一番人気だったウェブカメラです。
ですが、未だに一部のチャットレディや事務所にて人気があります。

人気の理由は様々ですが、主に下記理由を耳にします。
・色味がC920より良い
・明るさや色の調整がしやすい
・若く見える

僕は、映りも使い勝手もC920の方が好きです。
(好みの問題ですね)



C615・C525


⇒ C615n(amazon)
⇒ C615(楽天)
⇒ C525n(amazon)
⇒ C525(楽天)

C920には劣るものの、それなりに高画質である事と、角度調節が上下だけではなく左右にも出来る事と、C920の約半額で買える事から、在宅のチャットレディに人気があります。

ただし、本格的にチャットレディを始めたい方には、個人的にはC920の方をおすすめします。
差額は2時間ほどチャットをすれば稼げますし、長い期間使う事を考えれば少しでも高画質な方が良いと思います。

また、C615・C525よりC270の方が色味が良いと言われている方も多いです。
(当ページ上部の比較動画が参考になります)

C615とC525の主な違いは画角(映像の範囲)です。
画角が14°も違うので、部屋を広く見せたい方はC615の方がおすすめです。
(これも当ページ上部の比較動画が参考になります)

C615シリーズは「C615n」「C615」の計2つがあります。
C525シリーズは「C525n」「C525r」「C525」の計3つです。
両方ともに、他のウェブカメラ同様、発売時期が違うだけでウェブカメラの性能は一緒ですので、値段で決められることをおすすめします。



BUFFALO BSW200MBK


⇒ BSW200MBK(amazon)

⇒ BSW200MBK(楽天)

ロジクールではありませんが、Amazonランキングにて常に上位にある、バッファローのBSW200MBKです。

結論から書きますと、おすすめ出来ません。
このウェブカメラのウリは「安くて広角(120°)」な点であり、画質についてはお世辞でも綺麗とは言えないです。