男性版ライブチャット比較(チャットボーイ)最新2019版



ライブチャットと言えば、女性(チャットレディ)が男性客の相手をするのが一般的ですが、その逆で、男性(チャットボーイ)が女性客やゲイ客の相手をするライブチャットも存在します。



目次


1.大手2サイト紹介

2.会員(客)について

3.チャットボーイについて




1.大手2サイト紹介


まず最初に、2019年時点で有名な大手ライブチャットを2サイトご紹介します。



メンズガーデン(PC対応)



メンズガーデンは、男性版ライブチャットの中では一番有名で大手です。
チャットレディにもメンズガーデンの存在は、それなりに知れ渡っています。

女性のライブチャットは全てPCとスマホアプリの両方に対応していますが、メンズガーデンは残念ながらPCのみです。(客もチャットボーイも)

一応ノンアダルトサイトですが、アダルト行為の有無について運営側は特に口を挟んではこないので実質ミックスです。
LGBTの方でも、そうでない方でも特に制限は無くご利用できます。



アスリート(スマホアプリ)



アスリートの運営は、女性版ライブチャットの「エンジェルライブ」「チャットピア」「ライブでゴーゴー」の運営で有名なリアズの系列です。

メンズガーデンとは逆で「スマホアプリ」なので、PCには対応していません。
(客もチャットボーイも未対応です)

正確には「ライブチャット」ではなく「SNSアプリ」ですので、チャットボーイの待機映像が見れない点など「ライブチャット」とは微妙に違う部分があります。

こちらも一応ノンアダルトですが、上記リンク先を見ていただいても分かる通り、アダルトを連想させる作りになっていますので実質ミックスです。
サイトの雰囲気はゲイ客むけに作られていますが、そうでない方でも特に問題無くご利用できます。

客数もチャットボーイ数もメンズガーデンより多く活気があります。
ですので「ここだけの話」ですが、アスリートの方がおすすめです。



2.会員(客)について


ここでは、男性版ライブチャットをご利用されている客(以下、会員)についてまとめています。
「どんな方」が「どんな目的」で使われているのか、また私個人的に「どんな方におすすめか」についてもまとめています。



会員の特徴


18歳以上(高校生は除く)であれば特に制限はありませんので、女性も男性も来ますし、異性愛者もLGBTの方も居ます。
(アスリートはゲイの方むけですので男性が多いです)
年齢は、20歳前後~60歳以上の方と幅広いですし、学生、社会人、主婦、同業者など様々です。



会員の目的


アダルト目的の男性(たまに女性)

まず一番多いのが「アダルト目的の男性」です。
当サイトのトップページを読んでくださっている方でしたら、ライブチャットにはアダルト以外にもミックス・ノンアダルトがある事をご存知だと思いますが、世間的には「ライブチャットはアダルトな事をする場所」だと大半の方が認識をしてしまっているので、上記2サイトに来る方に関しても例外ではなく、大半の方はアダルト目的です。
特にアスリートの場合は、繰り返しになりますがアプリを紹介しているページがアダルトを連想させる内容ですし、メンズガーデンについても、大人向けのサイトにて広告を出している場合が多いので、必然とアダルト目的の方が集まってきます。

そんな中でも、特に「アダルト目的の男性が来やすいチャットボーイの特徴」というのがあります。
それは、当たり前の話ですが「外見が魅力的な方」です。
魅力的と言っても内容は様々で、若くて可愛い(キレイ)方、イケメンな方、体が鍛えられていそうな方、男らしい雰囲気の方など色々です。
ですので、これからチャットボーイを始めようと思われている方で、仮にですが「そのような目的の男性に来てもらいたい場合」は、待機映像やサムネの写真、プロフィールの文章や写真、ブログなどを通じて、そう言った雰囲気を持った自分を程良く演出すると良いですし、逆に嫌な場合は、そう言った部分を下手に演出しないようにする事が重要です。

ちなみに、たまにアダルト目的の女性も来ますが、人にもよりますが「数年に1回現れるか現れないか程度」です。


ホストクラブや執事喫茶のような場所を求める男性と女性

「アダルト目的の男性」の次に多いのが「ホストクラブや執事喫茶のような場所」を求める男性と女性です。(女性はメンズガーデンの場合のみです)

見た目が好みの男性と話す事で「癒されに来る方」や「元気を貰いに来る方」や「恋愛体験をしに来る方」など様々です。

一方で、見た目が好みの男性かは重視せずに、なんでも気兼ねなく話せる人であったり、とにかく話していて楽しい人など「中身を重視される方」も多いです。
その場合は、顔よりも、服装や態度、プロフやブログの内容等を通じて「しっかりしている人なのか」等で判断されます。


チャットレディや夜の仕事の女性

上記以外では、チャットレディ(または元チャットレディ)や、風俗やキャバクラで働かれている女性が多いです。(メンズガーデンのみ)

ライブチャットのピークタイムは22~26時ですので、チャットレディの多くは、自由になれる時間が深夜である事、また夜の仕事をされている女性達も似たような時間帯である事から、本来の話し相手である友達や知り合いが既に寝てしまっているのでチャットボーイの所に遊びに来る方も居ますし、身近な人にはライブチャットの事や風俗の事は言い難いからという理由で来る方も多いです。

この場合も、チャットボーイの選ぶ基準として「好みの男性か」よりは、ホストクラブ(執事喫茶)の場合同様に「気兼ねなく話せそうか」とか「気楽に話しかけやすそうか」等の中身が重要視される場合が多いです。


出会い目的の男性

出会い目的の方は、特にアスリートに多いです。

ライブチャットは基本的には出会い目的の場所ではないのですが、アスリートはSNSアプリという事もあって、出会い目的用に使われている方が居ます。


上記以外のケース

上記以外のケースですと、日中や深夜に話し相手が居なくて遊びに来られる主婦の方、身近な人には言いにくい悩み相談やストレスの捌け口を探して来られる方、口下手(人見知り・男性不信)等を少しでも直す為に来られる方、ライブチャットってどんな所なのかと単純な好奇心で来られる方など色々です。

ただし、上記4つと比較して割合は少ないです。
純粋な悩みを抱えている人であれば、悩みを聞く事について素人であるチャットボーイより、プロである「カウンセラー」や「占い師」の所に行くからです。



どんな方におすすめか


当ページを見ていただいた上で興味を持たれた方には勿論おすすめですが、まずは「出会いを求めているゲイの方」におすすめしたいです。
この場合、特に「アスリート」がおすすめです。
使っていただければ分かると思うのですが、恋人とラインをしている感覚で楽しめるのが、とても良いです。

また、ライブチャットに長年関わってきた私個人的には、「チャットレディの方」にもおすすめします。
この場合は「メンズガーデン」一択です。
おすすめする理由は、実際に会員の立場になってみる事で色々と為になる経験ができるからです。

会員が、どんな気持ちで何を重視してパフォを選んでいるのか、チャット中にどんな事をされると嬉しいのか、チャット後にどんなメールを貰えると嬉しいのか等、ただ想像するより、実際に体験をする事で大切な気付きを得る事が出来るでしょう。



3.チャットボーイについて


ここでは、チャットボーイについてまとめています。
「どんな方」が「どんな目的」で活動しているのかについて、また上記同様に、私個人的に「どんな方におすすめか」についてもまとめています。



チャットボーイの特徴


年齢は20代の方が多いです。(特に前半)
30代の方も2割ほど居ます。
また、半分以上は学生の方ですが、社会人の方が副業でやられていたりもします。
アスリートの場合はゲイの方が多いですが、メンズガーデンの場合は異性愛者(ノーマル・ストレート・ノンケ)の方が多いです。



チャットボーイの目的


稼ぐ為(仕事・副業として)

チャットボーイの大半は「ネット上にホストクラブのような場所」を求めて探した結果、ライブチャットに行き着いたという方が多いです。

ホストクラブは「頑張り次第では月給100万円以上も夢ではない」というイメージを持たれている方も多いと思うのですが、そのイメージをライブチャット(チャットボーイ)に重ねて始める方は多いです。(実際は夢のまた夢なのですが)
詳しくは下記リンク先にてまとめています。
⇒ チャットボーイの魅力(稼ぐ・仕事・副業)


話し相手の仕事がしたくて

「話す事が好き」または「接客業が好き」等の理由でチャットボーイを始める方も多いです。
ただ、上記にて書いている通り、身なり・態度・プロフなどを通じて「しっかりした自分」を演出できれば大なり小なり会員には来てもらえますが、チャットに来てくださる方の大半は「アダルト目的」や「ホストクラブ(執事喫茶)目的」の方ですので、自分が想像していた物とは違うという理由から、早々にチャットボーイを辞めていく方が多いです。


モテたくて・出会いを求めて

中には、モテたくて、または出会いを求めてチャットボーイを始める方も居ます。
出会いに関しては、ただネット上で話し相手が欲しいという方も居れば、プライベートで会う事を目的としている方も居ます。

ただ、ゲイの方であれば良き男性パートナーが見つかる可能性もあるのですが、そうでない方(ストレートの方)が良き女性会員を求めているのであれば、そう都合良くフィーリングの合う方がチャットに来る保証は無いので、その場合は、チャットボーイをするより、会員(客)として女性版ライブチャットへ遊びに行かれる方が良いでしょう。



どんな方におすすめか


上記「会員の場合」同様、当ページを見ていただいた上で興味を持たれた方には勿論おすすめですが、まずは、こちらも「出会いを求めているゲイの方」におすすめしたいです。
勿論おすすめなのは「アスリート」の方です。
会員として遊びに行く方が好みのパートナーが見つかる可能性は高いですが、少しでも小遣い稼ぎをしながらという事であれば、チャットボーイになってみるのも良いと思います。

また、ライブチャットに長年関わってきた私個人的には「チャットレディの気持ちを詳しく知りたい方」にもおすすめします。
短期的にでもチャットボーイ体験をする事で、チャットレディとの話のネタ作りになるというのも、おすすめする理由の一つですが、チャットレディと同じ経験をする事で、少しでも同じ気持ちを味わう事が出来るので、より仲良くなる為のヒントが得られるかもしれません。
「チャット中のやり取り」や「待ち合わせのメール」など、どのような内容なら喜んでもらえるのか、逆に迷惑にならないのか、楽しんでもらえるのか等、色々と気付きがあるでしょう。



⇒ 次の記事へ
(チャットボーイで稼ぐ事は出来るのか?)