男性版ライブチャット(チャットボーイ)で稼ぐ・副業・仕事





前回の記事「男性版ライブチャット比較」では、おすすめのチャットボーイサイト(ライブチャット)の紹介と、どのような方におすすめかについてまとめましたが、当記事では、その記事を通じて「チャットボーイをしてみたい」と興味を持たれた男性に向けて有益な情報をまとめてみました。



はじめに


当ページの主な項目です。

1.ライブチャットは信用できるのか?

2.どのくらい稼ぐ事が出来るのか?

3.副業・本業(仕事について)

4.チャットボーイの魅力

5.最後に



1.ライブチャットは信用できるのか?


一般的な男性が「チャットボーイを知る切っ掛け」について、大きく2つのケースがあります。

一つは、女性版ライブチャットを利用されている男性が「ライブチャットの女性版ではなく男性版は無いのかな?」と思いつくケースです。

もう一つは、職探しをしている男性が「ネット上で話し相手の仕事って無いのかな?ホストクラブのような場所は無いのかな?」と思いつき、探した結果、ライブチャット(チャットボーイ)に行き着くケースです。

後者の場合、ライブチャットについて全く知らない方が殆どでしょうから、「こんな未知の場所で働いてしまって大丈夫なのだろうか?」と大なり小なり心配になるものだと思います。

そんな方々に向けて、これまでに数年間チャットボーイを経験してきた私が助言できればと思います。



報酬はキチンと貰えるのか?


まず一番気になるのが、「働いた分キチンと報酬は貰えるのか」についてでしょう。

結論から書きますと、当サイトにてご紹介している2サイト(メンズガーデン・アスリート)であれば問題はありません。

私は、2014年の2月から今日までチャットボーイを続けているのですが、報酬が貰えなかった事や振込が遅れた等という事は一度もありません。
また、そのような噂話を聞いた事も一度もありませんので大丈夫です。

メンズガーデンは、10年以上の実績がある大手サイトですし、アスリートは、女性版ライブチャットで人気のエンジェルライブ・チャットピア・ライブでゴーゴーの運営であるリアズの系列ですので問題ありません。

ちなみに、登録料や使用料等と言った料金が掛かる事もありませんし、ノルマも一切ありません。



サポートは万全?


チャットボーイが何らかの理由で困っている時に、ライブチャット側(運営)がキチンとサポートをしてくれるのかについてです。

まず、アスリートに関しては評判が良いです。
繰り返しになりますが、女性版ライブチャット3サイトを運営しているリアズは評判が良く、アスリートの運営はリアズ系列ですので評判に関しても同様です。
対してメンズガーデンについては、アスリートと比較すると正直なところ微妙ですが、最低限のサポートはしてくれます。

基本的には、ライブチャットでは「自分の身は自分で守る」のが鉄則です。
キャバクラや風俗で働くのであれば、ボーイや事務所の人がある程度は守ってくれたり支えてくれますが、ライブチャットの場合は特にありません。
ですので過去には、会員に対して行き過ぎたアダルト行為をしてしまったり、会員に対して必要以上に思わせぶりな行動(色恋等)をしてしまった結果トラブルになり、チャットボーイを辞めさせられた方も数名見かけています。

とは言え、上記の様な常識外れな事をしない限りは、ライブチャットで働く事について特に問題はありません。
各ライブチャットの運営が用意している注意事項をキチンと把握した上で活動をすれば、特にトラブルになる事はありません。



2.どのくらい稼ぐ事が出来るのか?


これからチャットボーイを始めようか迷われてる人にとっては「ぶっちゃけ、どのくらい稼ぐ事が出来るのか?」という点も気になる所でしょう。

メンズガーデンの場合ですと、運営の方から「今月の人気ランキング1位の月収は○○万円です」みたいな発表があるわけではないので、ハッキリとした事は分からないですが、おおよそ月間1位のチャットボーイの月収は12~30万円で、僕が過去に見てきたチャットボーイの中で一番稼がれていた人は、月収50~60万円でした。(一発屋でしたので、次月から不人気になり辞められましたが)
ちなみに、僕も過去に月間1位になれた時は、30万円位でした。

上記月給はメンズガーデンでの話です。
メンズガーデンよりも会員数もチャットボーイ数も多いアスリートであれば、もっと稼げるかもしれません。


ホストクラブのイメージと重ねていた人からすると、少し物足りなく感じるかもしれませんが、過去に月間1位になられていたチャットボーイ達の大半は副業として、学生であれば学業の合間を縫ってやられている方がほとんどですので、それで数十万円も稼げているのであれば良い副業だと思います。

ただし、上記は「あくまで稼げている人の話」です。
どの仕事にも向き不向きはあるわけで、ライブチャット(チャットボーイ)についても例外ではありません。
完全出来高制ですので、上記の様に稼がれている方も居る一方で、1ヶ月間続けてはみたけど全然稼げずに辞めていくチャットボーイも少なくありません。

稼げている方と稼げていない方との比率ですが、「3:7」くらいと少し厳しめです。
主な原因として、新人の殆どは「とりあえずチャットに繋げて待ってさえいれば誰か来てくれるんでしょ?」と、「ツイキャス」や「ふわっち」等と同様だと勘違いをしているからです。
余程のイケメンまたは接客上手な方であれば最初から人気者になれますが、大半の方は「それなりの工夫」をしなければ話に来てすらもらえません。

チャットボーイを始めて程なくして「その現実」に気付いた方の約半分は辞めていきます。
残りの方達は「それなりに稼ぐ為の努力」をするのですが、努力の仕方が分からずに空回りした結果、結局辞めていく場合が殆どです。

逆に考えれば、努力の仕方さえ分かっていれば、大半の男性は稼げると思います。
努力の仕方については、当サイトでも「チャットボーイ体験談」等を通じて、少しずつではありますがご紹介できればと考えています。



3.副業・本業(仕事について)


上記「2.どのくらい稼ぐ事が出来るのか?」にて、大抵の人気チャットボーイ達は副業だとお伝えしましたが、「となると、本業として頑張る事で、もっと稼ぐ事が出来るのでは?」と思われる方もいると思います。
これについては、これまでに僕の見てきた限りですが、そのような営業スタイルで成功しているチャットボーイは残念ながら見た事がありません。

理由は色々あるのですが、主な内容としては、会員目線で考えた場合に「家に籠もってチャットボーイを本業として生活している男性なんてダサい」と思われてしまうからです。
太客を運良く掴んで、生活費程を数ヶ月稼げている方は偶に見かけますが、長続きはしません。

人気チャットボーイの大半は、仕事や勉強を頑張りつつ私生活が充実している中で、空いた時間を使ってチャットボーイを副業として活動しています。
そんな姿を会員達は魅了的に感じてチャットに行くというケースが多いので、ブログ等で私生活が充実している事をアピールするのは、とても重要だったりします。

また、人気チャットボーイの大半は、外見も内面もしっかりされている方が多いので、休業中に長くて数ヶ月間続ける事はあったとしても、その後は、もっと遣り甲斐のある新しい仕事を見つけて引退されるケースが殆どなので、そういう意味でも長期間「本業の仕事」として活動されている方は少ないです。

勿論、本業だと100%上手くいかないなんて確証はどこにもありませんので、自信のある方は全然試されてみるべきだと思いますが、「オレは絶対に上手くやっていける」みたいな浅はかな自信だけは持たれない方が賢明でしょう。



4.チャットボーイの魅力


上記にて多少厳しい事を書いてしまいましたが、チャットボーイをするにあたり、稼ぐ事以外でもおすすめできるポイント(魅力)が沢山ありますのでまとめています。



好きな時間に好きなだけで働ける


世間一般の仕事の殆どは、毎日決められた時間に仕事をしなければいけない訳ですが、チャットボーイは24時間自分の都合の良い時間に仕事ができます。
毎日コツコツと続けることも出来ますし、1ヶ月に1回ペースでも問題ありません。
ちなみにおすすめの時間帯は、ライブチャットのピークタイムである「22時~26時」です。
チャットレディに来てもらいたいのであれば、ピークタイムが過ぎた「26時以降」も有効です。



周りに迷惑をかけずに働ける


世の中の仕事の殆どは、職場の人達と大なり小なり協力をしながら(気を使いながら)仕事をしなければならない訳ですが、チャットボーイは完全に一人ですのでマイペースに仕事ができます。
また、何らかの理由で仕事を辞める際も、一般の仕事であれば迷惑をかけてしまう事になりますが、ライブチャットの場合は迷惑をかける事は無いので、気軽に始める事が出来ます。



人の役に立てた事が実感できる


仕事によっては、客と接する機会が少なかったり、クレームばかりであったりと「何の為に仕事をしているのか分からなくなる事」があると思いますが、ライブチャットの場合は結構感謝される事が多いので、遣り甲斐を感じる事が出来ます。
ただ話を聞いているだけでも「話したら元気が出てきた」「話したら気持ちの整理がついてきた」「ありがとう」と感謝される事も多いですし、悩み相談や愚痴の捌け口になる事で感謝をされることも多いですし、話す事が好きな方には充実感のある仕事だと思います。
もちろん、良いことばかりではなく、会話が上手く行かずにネガティブな気持ちになる事もありますが、それも含めて良い経験になると思います。



色んな方と知り合える


キャバクラにて大物政治家や有名人が来るといった内容と比較すれば雲泥の差ですが、ライブチャットにも本当に偶にですが、普通では知り合う事の無いような方が来る場合があります。
アイドルやスポーツ選手や音楽業界の方など。



人見知りを治す切っ掛けになる


人と話すのは好きだけど、口下手・人見知りなどの理由で人付合いが苦手だという方にも向いている場合があります。

私事になりますが、僕も人見知りであったり、多人数と遣り取りをするのが苦手だったりするので、基本会話が苦手ですが、話す事自体は好きなので、チャットボーイを始めてみました。
そんな僕にとって、ライブチャットのシステムは凄く合っていて、基本1対1で話せますし、直接話し相手と対面している訳ではないので、その分、気も楽に話せています。

ネット上には、ニコ生やツイキャスなどの配信コンテンツが多数ありますが、そう言った場所でコミュニケーションをとる事は「人見知りを少しでも治す良い切っ掛け」になると思っています。
僕にとって「ライブチャット」は、そう言った場所の一つでした。



5.最後に


前回の記事と当記事を通じて簡単に男性版ライブチャット(チャットボーイ)についてまとめさせてもらいましたが、もっと詳しく知りたい方がおりましたら、繰り返しになりますが今後も「チャットボーイ体験談」等を通じてチャットボーイについて書いていく予定ですので、宜しければご覧いただけると嬉しいです。



当サイトがおすすめしている男性版ライブチャット(チャットボーイ募集)は、下記の2サイトです。





⇒ アスリート


⇒ 求人募集のページ
身分証明書が不要なので人気です