チャットボーイ最初の3ヶ月

チャットボーイを始めて2日目。
初日の反省を活かし、それなりにキチンと待機できたと思います。
その成果もあってか、初めての会員さんが来てくれました。

初めてのチャットで緊張していたので、チャットの事を放送と言ってしまったり、カメラ・マイクは使わずに文字チャットのみの会員さんだったので、どんな方か分からない事から「敬語を使うべきなのか」等の判断に困ったりと、汗ダラダラの約30分でした。
ただ救われたのが、コメントの最後に(笑)とか顔文字を書いてくれる方だったので、「楽しんでくれているのかな?」と当時の僕は良くも悪くも真に受けとめて、緊張しつつも楽しくチャットができました。(今にして思えば会員さんに甘え過ぎで情けない話ですが)

次の日も、似たようなタイプの人が来てくれて楽しいチャットが出来たので、「こんな普通な会話をするだけでポイントを貰ってしまって良いものなのだろうか?」と申し訳ない気持ちになってしまい、「次からはスカイプで話しましょう」と、ワザワザ僕の方からIDを教えてしまう等の間抜けな事もしていましたw

新人期間中(始めてから2週間)は数日に1人は来てもらえていたのですが、もちろん楽しい事ばかりではなかったです。
話が合わなくて嫌な切られ方をしたりとか、男性会員からのリクエストで「お兄ちゃん役」や「ゲイ役」をやらされたりなど色々な事がありました(-_-)

でも、今にして思えば。来てもらえるだけ有難かった訳です。
(内容にもよりますが何事も経験です)


新人期間終了後、急に会員さんが来なくなりました。
時期が一気に飛ぶのですが、初日からの3ヶ月間のチャットの成果を公開してみようと思います。



上の表はチャットボーイが見れる設定画面からコピペしたものです。
接続時間は「チャットにインしていた時間」、課金対象時間は「会員さんと話せた時間」です。

誰一人来ていないよりはマシですが、4月のチャット率なんて1%です・・・。
メンズガーデンも、よく僕を解雇しないでくれていたと思いますw


この3ヶ月間は、待機していて本当に恥ずかしかったですね。
別に人気チャットボーイになりたかった訳でもなければ大金を稼ぎたかった訳でもないです。
でも、周りで僕よりもチャット中になっている人が沢山いて、僕もそれなりに考えて待機しているのにも関わらず成果が出なかったので、せめて人並みにはチャット率を上げたいという気持ちになっていました。

ただ一つ、こんな状況なのにもかかわらず「良かった」と思える事がありました。
それは打たれ強くなった事です。
正確には、打たれ強くなったのか、頭が麻痺しただけなのか分かりませんが、これ以上凹むような状況(1%以下)は無い訳ですから、もう怖いものは無いなと・・・今、書いていて自分の事が哀れに思えてきましたw


そんな悪夢の3ヶ月から数年が経ち、僕もそれなりに成長しました。
ですので、「当時どうすれば良かったのか?」について分かっているつもりです。

上記だけだと余りにも惨めなので、良かった時期のデータも載せておきます。



丁度、上記から2年後ですね。
4月は1日平均5~6時間ペースで話していました。
もちろん本業もしながらなので大変でしたが、会員さんには恵まれていたので楽しかったですし、今でも本当に良い思い出です。

ちなみに、僕の新人期間のチャット率は一桁でしたが、これは例外中の例外で、普通の人であれば50%以上は行くので、これから始めようと思われている方は安心してくださいw