【2019年版】年齢で考えるライブチャット求人

特に「30代~40代」の女性が、これからライブチャット(チャットレディ)求人を選ぶ際に、「アダルト・ノンアダルト・人妻系のどれにしようか?」と悩まれるケースは非常に多いです。

また、既にチャットレディをされている女性からも、「人妻系だとアダルト要望が多いからノンアダルトに移籍しようか悩む」または「ノンアダルトだと若い子が多いし、なかなかお客(以下「会員」)に来てもらえないから人妻系に移籍しようか悩む」といった声を度々聞きます。

ですので今回は、上記のような方たちの少しでも参考になればという事で、同じ状況に立たされている女性たちの動向についてまとめてみました。

「アダルト・ノンアダルト・人妻系の違いが分からない」という方がおりましたら、まずは下記リンク先にご覧いただければ幸いです。

⇒ ライブチャット求人比較【2019年版】



女性がアダルトOKの場合


まず、女性が「アダルトOK」の場合、「アダルト」と「人妻系」の2択になる訳ですが、これは「アダルトNG」の場合と比較して決まりやすい傾向にあります。

理由について、アダルトOKの女性の大半はチャットレディプロダクション(代理店)を通してライブチャットに登録をするのがセオリーですが、大抵の場合、代理店側で20代迄の女性は「アダルト」、30代以上女性は「人妻系」に振り分けるのが鉄板だからです。

例外として、20代の頃から既に数年「アダルト」で活動されていた女性や、全然稼げなくてもマイペースにやって行ければそれで良いという考えの女性であれば、30代前半でも「アダルト」で活動をされていますし、また、20代後半の方で「アダルト」で始めたけど、自分の外見(キャラクター)がウケない事から「人妻系」に移籍して様子を見るといった場合もありますが、大半の場合は、20代迄の女性は「アダルト」、30代以上女性は「人妻系」を選択するといった感じです。



女性がアダルトNGの場合


次に「アダルトNG」の場合、または「極力アダルト行為はしたくない」という女性の場合は、「ノンアダルト」と「人妻系」の2択になる訳ですが、どちらを選択するかは「人それぞれ」です。



20代の女性の場合

まず、20代の女性の場合ですが、9割がた「ノンアダルト」です。
ノンアダルトで人気になるチャットレディの大半は20代後半の女性です。

理由は、20代前半の女性と比較して、それなりの人生経験を積んでいる事から内面が磨かれており、魅力的な接客が出来るからです。

余程、外見が大人っぽく(マダム系っぽく)見える女性であれば「人妻系」でも良いのかもしれませんが、そうでなければ「ノンアダルト」で安定です。



30代の女性の場合

次に、30代の女性ですが、「ノンアダルト」と「人妻系」の五分五分です。
最初にノンアダルトを選ぶ女性の大半は、ライブチャットのアダルト事情をキチンと調べられている女性です。
別の記事でも書きましたが、人妻系の求人サイトは「ノンアダルトな雰囲気」を醸し出していますが、実際はアダ客が多いので、その事に事前のリサーチで気付けた女性は「ノンアダルト」を選び、気付けなかった女性と「どうしても顔出ししたくない女性(※)」は「人妻系」を選ぶのが一般的です。
(※ ノンアダルトは基本「顔出し」しないと稼げないので)

とは言え、実際の所は「ノンアダルト」にも大なり小なりアダ客は居ます。
それに加えて、30代以降は、ノンアダルトでは稼ぎにくくなるのが一般的です。
理由は、ノンアダルトの会員の大半は、10代~20代の女性がターゲットだからです。

30代前半の女性であれば、既に20代の頃から数年チャットレディを続けられていたり、または「余程外見も内面も魅力的な女性」なのであれば、20代の方と同様に稼げる場合もありますが、そうでなければ大半の方は難しくなってきます。

小遣い程度を稼げれば良いという事であれば、ノンアダルトのままで良いのかもしれませんが、生活費またはそれ以上を稼ぎたいという事になると、「①.もう少しノンアダルトで頑張ろうか?」「②.人妻系に移籍しようか?」「③.ライブチャットを辞めて別の仕事を探そうか?」の3択を迫られる事になります。


まず①を選んだ女性の「その後の一般的な傾向」としては、1年以内に会員に来てもらえる手がかりを掴めた方であれば、やる気次第で良くなっていきますが、1年を過ぎても芽が出ない方の場合、悲しい話ですが、その後よくなっていくケースは殆どありません。(あくまで一般的な傾向です)
理由は色々とありますが、ここで1つ上げるのであれば「負のスパイラルに陥っているから」です。

なかなか会員に来てもらえない中、頑張り続けるのは本当に大変な事です。
来てもらえない事で自分に自信が無くなってきますし、そんな中「あの手この手」と色々と自分を魅力的に見せる方法を考え続けなくてはなりません。
それが数ヶ月も続くとなると、本当に疲れ切ってしまい、自分を客観的に見る余裕が無くなってしまいます。(視野が狭くなってしまいます)

ですので、「自分の何が悪いのか?」等の自己分析が出来なくなってしまい、やる事なす事が空回りしてしまうわけです。
身近に「良くない部分を指摘してくれる会員」が居れば良いのですが、大半の会員は「指摘する事でチャットレディを不快にさせてしまう事を恐れている」ので、内心は「ここは直した方が良いのに」と思っていてもヨイショをする場合が多い事から、どんどんと悪い方向に進んでしまい、結果「負のスパイラル」に至ると言った感じです。


②を選んだ女性の場合、失敗するケースは①と比較して、かなり減ります。
主に、成功するか、会員には来てもらえるようにはなったけど、自分には合わないから辞めるかの2択です。
ノンアダルトで会員に来てもらえない事から自分に自信を持てなくなってしまっていた女性が、人妻系で自信を取り戻すのを沢山見てきています。
ノンアダルトでは月収20万円も稼げなかった女性が、人妻系に来てから月収50万円前後になったというケースも少なくありません。

もちろん、アダ客が多い事は大変ですが、ノンアダルトにも大なり小なり居ますし、大変な事ばかりではなく、上記の通り月収は良くなる事や、何より「顔を出さないで待機をしていても会員に来てもらえる事」が、ノンダルトにて待機地獄に悩まされていた女性たちにとっては本当に有り難い事ですので、寧ろ「ノンアダルトより人妻系の方が気分が楽だ」という女性も実は結構多いです。


一方で、最初から「ノンアダルト」ではなく「人妻系」を選んだ女性たちですが、まずは想像以上にアダルト色が濃い事実に悩まされる事になります。
ですが、人妻系は上記の通り「顔を出さなくて良い事」や「それなりに会員に来てもらえる事」などの利点がありますので、ノンアダルトに行く事へのリスクを考慮した結果、人妻系に留まる事を選ぶ女性が多いです。
もちろん、アダルトな環境に耐えられず、ノンアダルトへ移籍するか、ライブチャットを辞める女性も居ます。

以上が、30代女性のライブチャットに対する傾向です。



40代以上の女性の場合

最後に、40代以上の女性がライブチャット(チャットレディ)を始められる場合についてです。
9割以上の女性が「人妻系」で始められますが、少しでもアダルト要素を避ける為に「ノンアダルト」で始められる女性も居ます。

「ノンアダルト」の場合、正直な所、生活費以上を稼がれている女性は殆ど居ません。
居たとしても、既にチャットレディを数年は続けられて、ある程度の常連客を掴まれている女性です。

小遣い程度であれば稼げている女性も居ますが、それでも、30代までの女性と比較をすると人一倍努力をする事が求められます。
ですので大半の女性は、遅くとも数ヶ月後には「人妻系」へ移籍されるか、ライブチャットを辞めるかの2択です。

逆に「人妻系」であれば、50代までの女性ですと、生活費以上を稼がれているケースは多々あります。
中には、60手前の女性で月収100万円近くを稼がれている場合もあります。

もちろん一方で、人一倍努力をされているのにも関わらず、なかなか上手く行かない女性も居ますが、それはノンアダルトで活動している20代の女性であっても同様です。

以上が、40代以上女性のライブチャットに対する傾向です。



最後となりますが、全体の傾向は上記の通りですが、「どの場所が自分に合っているか?」を知る為には実際に体験をしてみるのが一番ですので、一番気になった場所で選ばれてみるのが良いかと思います。
試してみて合わないようでしたら、別の場所で試す事も出来ますし、気軽に辞める事も出来ますので。

具体的におすすめのライブチャット求人については、下記リンク先にてまとめておりますので、宜しければご覧ください。

⇒ ライブチャット求人比較【2019年版】