ノンアダが人気の理由(人気ライブチャット比較)

ライブでゴーゴー
BBchatTV
DMMライブチャット(おちゃ)
マシェリ

ライブチャットには大きく3種類(アダルト・ミックス(人妻)・ノンアダルト)がありますが、当ページでは「ノンアダルト」を中心に、他の2種類(アダルト・ミックス(人妻))との比較やキャバクラとの比較を交えつつ「人気の理由」をまとめています。

未だライブチャットを未経験の人からすると、ライブチャットは「アダルト行為をする所」というイメージを持たれている場合は殆どですので、ライブチャット初体験の人達にはノンアダルトは人気は低いのですが、ライブチャットの常連になればなるほど、アダルトとノンアダルトの両方を利用する人や、ノンアダルト専門になる人の割合が増えています。

また、ライブチャットを業界目線で考えた場合に、今一番伸びてきているのは「ノンアダルト」です。
(ミックス(人妻)もそれなりに伸びてきています)
その辺の理由も交えつつ、下記にて人気の理由をまとめています。



二人きりで長い時間話せる


まず、ノンアダルトが他の2種類(アダルト・ミックス(人妻))と比較して挙げられる一番の人気点として、長い時間チャットレディと1対1で話しやすい事があります。
その理由は主に2つあります。


2ショットチャットの料金が一番安い

サイト名
1分の料金
パーティー
2ショット
BBchatTV
なし
100円
ライブでゴーゴー
80円
マシェリ
マダムとおしゃべり館
DMM(おちゃ)
100円
150円
チャットピア
マダムライブ
DMM(まちゃ)
エンジェルライブ
150円
200円
ジュエルライブ
DMM(あちゃ)
100円
250円
400円

上の表は、各ライブチャットの基本料金を比較したものです。
緑がノンアダルト
紫がミックス(人妻)
ピンクがアダルトです。
上から「2ショット」の安い順に並べています。
見てもらっての通り、ノンアダルトがパーティーチャットも2ショットチャットも一番安いです。

更に2ショットチャットは割引率の高い割引イベントが多いです。
どういう事かと言うと、アダルトもミックス(人妻)も「割引イベントの数」はノンアダルトと比較しても大差はありませんが、「割引率」に違いがあります。
アダルトとミックス(人妻)は「パーティーチャットの割引率が高い日が多い」のに対し、ノンアダルトは「2ショットチャットの割引率が高い日が多い」です。
ですので、他の2種類(アダルト・ミックス(人妻))と比較して料金が安い分、気軽にチャットを楽しめるノンアダルトは人気です。

少しでも安く済ませたい方は、下記リンク先にて割引率の高いイベントを毎日紹介していますので、宜しければご利用ください。




ちなみに、僕的に一番おすすめのライブチャット(ノンアダルト)は「ライブでゴーゴー」です。
他の記事でも度々書いていますが、現在最大手で「在籍チャットレディ数」も「割引イベント数」も一番多く、一番人気だからと言うのがまず一点。
もう一点は、「マシェリ」や「BBchatTV」も度々割引イベントをしていますが、大抵は「チャットを開始してから30分のみ」なのに対して、「ライブでゴーゴー」は割引イベントが終了するまでであれば無制限で割引が適用されるので、そう言った部分で比較してもおすすめです。



ノンアダルトだけが2ショットチャットが主流

2つ目の理由ですが、アダルト・ミックス(人妻)・ノンアダルトを比較して、唯一ノンアダルトだけが2ショットチャットが主流だからです。
アダルトの場合、2ショットチャットよりパーティーチャットの方が主流なので、2ショットチャットをお願いしても断られてしまう事があるのですが、ノンアダルトの場合はアダルトと比較して断られる可能性は低いです。(ミックス(人妻)の場合は五分五分)

ちなみに、何故アダルトはパーティーチャットが主流なのかですが、良い例えか分かりませんが、アダルトの仕組みは「ストリップ劇場」に似ているからです。
出来るだけ多人数に見てもらえた方が、女性としても嬉しいわけです。
アダルトと比較してノンアダルトは「素人のキャバクラ」みたいなものですから、1対1(2ショットチャット)が主流になります。



数少ない「直ぐに女性と二人きりで話せる場所」


深夜にふと人恋しくなった時、身近な人には言い難い悩みや不満ができた時、長い期間彼女で居なくて淋しくなった時など、人間誰しもが「ふと話し相手が欲しくなる時」が大なり小なりあると思います。

インターネット上には、そう言った方達の為に、カウンセリング系の話し相手サイトや、スカイプ交換掲示板、マッチング系サイトなどがあります。
ですが、どのサイトであっても「直ぐに好みの女性と気軽に話せる場所」は僕の知る限りありません。
完全予約制で話すまでに時間が掛かったり、好みの女性が見つかるまでに時間が掛かったり等、意外と見つからないものです。

そういった場所と比較してライブチャットは、話し相手になってくれる女性が直ぐ見つかりますし、予め待機映像を通じて女性の外見を確認できるので、自分に合った女性(好みの女性)も見つけやすいです。
そんな中、特にノンアダルトは2ショットチャットが主流ですので人気です。



キャバクラと比較


風俗とキャバクラを比較して、アダルト行為を楽しみたい場合は風俗へ、アダルト行為より会話を中心としたコミュニケーションを楽しみたいという人はキャバクラを選ぶのが普通だと思うのですが、ライブチャットも基本的には同じです。
アダルトとノンアダルトのライブチャットを比較して、アダルト行為がメインの場合はアダルトへ、会話中心の場合はノンアダルトという事になります。

そんなキャバクラとノンアダルトのライブチャットを比較した場合、どういった部分がノンアダルトの方が優れているかについてまとめていきます。


料金が安い

六本木の人気キャバクラと地方のマイナーなキャバクラを比較すると料金も全然違うと思いますが、とりあえずオープン時(最安値)の料金が1時間6,000円だとして話を進めて行きます。

ノンアダルトのライブチャットの場合、割引無しの基本料金であれば1時間6,000円(100円×60分)ですので、キャバクラと比較して一緒です。(DMMおちゃのみ1時間9,000円)
ですが、ピークタイムだと、キャバクラは数千円高くなるのに対し、逆にライブチャットは割引され数千円安くなります。
22時頃、キャバクラの料金が仮に10,000円だったとして、ライブチャットで半額イベントをしていた場合は3,000円なので、比較すると倍以上違います。

また、ライブチャットの中でも「ライブでゴーゴー」の場合は、昼過ぎの12~17時頃にも割引イベントをする事が多いので、時間の都合も付けやすいので人気です。


余計な料金の心配をする必要がない

キャバクラの場合、セット料金以外にもサービス料等の手数料を取られたり、女の子のお酒代等が掛かって、結局いくら掛かるのか分かり難いのと比較して、ライブチャットの場合は、そう言った上乗せ料金は一切ありません。

ちなみに、ライブチャットはポイント制です。
仮に割引イベントをしていない時に60分話したい場合は、予め60分ぶんのポイントを購入(6,000円)する事になります。
対して半額イベント時に60分話したい場合は、30分ぶんのポイントを購入(3,000円)すれば問題無く60分話す事が出来ます。


指名は無料

キャバクラの場合、人気の子の指名する事で数千円かかるのと比較して、ライブチャットの場合は、そいうのは一切ありません。
ただし、ライブチャットの場合、人気の子は常に2ショットチャットになっている事が多いので、予めメールにて待ち合わせの時間を決めておく事をおすすめします。


長く話せる

キャバクラの場合、人気の子であれば指名したとしても、また別の人に指名され話せなくなってしまうのと比較して、ライブチャットの場合は、基本的には指名制はありません。
ただし、上記でも少し触れた通り、人気の子は度々メールで予約が入っている事があるので、予めメールで「今日は?時間くらい話そう」と伝えておくと、女の子側としても助かるのでスムーズに行きます。


24時間いつでも話せる

キャバクラの場合、毎日決まった時間に閉店するのと比較して、ライブチャットの場合は、数ヶ月に一回有るか無いかのメンテナンスを除き毎日24時間稼働しています。(年末年始も含む)


気楽に直ぐ始めれる

キャバクラの場合、大なり小なり身支度をしたり店まで移動したりと時間と労力がかかりるのと比較して、ライブチャットの場合は、自分の映像(カメラ)を映すかは自分で決められるので、身なりを整えるのが面倒な場合は無理に映す必要はありませんし、PCかスマホがあれば何時でも何処でも直ぐに始められます。
職場からでも旅行中でも自宅からでも問題ありません。


シャイな人にも向いている

シャイな人な人の中には、「キャバクラに行きたいけど敷居が高すぎる」と思われている方が多いと思います。

積極的な女性だったら上手く話せるだろうか
自分の顔(身なり)を見て変に思われたらどうしよう
変に緊張してドモってしまったら恥ずかしい

等と色々と障害があると思います。
それに対してライブチャットは、全然気を使わないで楽しめる所が人気です。

上記でも少し触れましたが、自分の映像(カメラ)を映すかどうかは自分で決めれるので、自分の見た目を気にする必要はありませんし、マイクを使うかどうかも自分で決めれるので、「上手く喋れるだろうか?ドモッたりしないだろうか?」と心配する必要もありません。
ちなみに、マイクを使わない場合は「文字チャット」を使う事になります。

また、シャイな人にとっては「シャイな自分を少しでも克服する練習にもなる」ので、そういう意味でもおすすめです。



以上がキャバクラと比較して人気の部分ですが、もちろん、キャバクラの方が人気の部分も沢山あります。
映像を通してではなく、実際に会わないと出来ない事は沢山あると思います。
ですので、実際に両方を試してみて「やっぱりキャバクラの方が良い」という人も居ますし、両方を使い分けている人も沢山います。

僕が当記事を通じて伝えたかったのは、「ライブチャットはアダルト行為をする場所」というイメージが先行してしまっているせいで、それ以外のライブチャットの魅力に気付けていない沢山の人達に対して「アダルト行為の良さ」について知ってもらいたかった事です。
当サイトを見ていただいた上で少しでも気になった方が居ましたら、一度でも試していただければ嬉しいですし、キャバクラに憧れを持ちつつも行ったことの無い方は、キャバクラに行く為の踏み台にでも使っていただければと思います。